ないものブログ

ないものばかりを追い求める。そんな社会人のブログです。

【2選】初心者プログラマー PCの選び方【スペック比較】

f:id:okoko0000:20210522095738p:plain

f:id:okoko0000:20210522095247j:plain

こんにちは

IT業界1年目のストンです。

 

先日初の在宅勤務を体験しました。

現場ではC++を使用する為Visual studioWindowsでインストールしておりました。

普段ならWindowsVisual studioを使用し携帯やMacBook Airで調べて勉強していました。

しかし在宅勤務ではVisual studio起動しながら、Teamsで画面共有しながら、Webサイトを参照するという低スペックPCに対する暴力としか思えないことを業務でしなければいけなかったのです。

 

Wi-Fiが遅いのも相まって案の定一人だけ業務に遅れてしまい、変な汗をかきました。。。

 

今使用しているノートパソコンのスペック

◆スペック◆

 CPU:Intel(R) Celeron(R) CPU 4205U @ 1.80GHz 1.80 GHz

メモリ:4.00 GB

ストレージ:HDD 256GB

 

こうしてみると普段使いは問題ないように感じますが、

プログラムをコーディングするとなると低スペックすぎて作業出来ないですよね。。

そこで今回は初心者プログラマーはどんなパソコンを買うのが正解なのかを聞いたら調べたらしたことを記事にさせていただきます。

 

CPU

CPUとは、パソコン上のハードウェアやソフトウェアから受け取る全ての支持を処理するパーツのことです。

基本情報技術者試験の問題でもありますがこのCPUが性能が高ければ高いほど処理能力が上がり快適に使用することが出来ます。

簡単に言うと頭の良さですね。

CPUにはIntel社製の「i3」「i5」「i7」があります。

またCPUにも世代というものがあるみたいです。

 

「i5」と「i7」がありますが世代の関係で、「i5」の方がハイスペックという可能性もあるみたいです。

 

「i7」なのに価格が安い場合は、CPUの世代が古い可能性があるので注意しましょう。

 

基本は「i5」「i7」の性能差は感じないとのことです。

私の現在使用しているPCは「i3」「i5」「i7」ではなく Celeronセレロンです。

Celeronセレロンとは安価で可搬性を持ち、処理能力はピカイチで低いCPUでした。

普通のCPUは性能の高さを第一に考えていますが、性能の低さと持ち運びやすさを重視しています。

自宅で複数のアプリケーション起動しながら、コーディングする今の私としては物足りなくなりますね。

 

メモリ

 メモリはパソコンで同時に複数のプログラム(ソフトウェアやアプリケーション)を実行する為に必要になります。

簡単に言うと作業する机の広さですね。

 

プログラミングをするためにはIDE統合開発環境)を開いて行います。

たいていの場合ブラウザを開きながら作業に取り組むようになります。

またソフトウェアの起動時間にも関わってきます。

 

同時に複数のアプリケーションを動かし、大きなファイルを問題なく扱うためには

メモリは非常に重要となってきます。

4GB・8GB・16GB・32GBとありそうですが、

プログラミングをするなら16GBは必要となるそうです。

 

私の場合、Visual studioを起動しながら、Teamsを立ち上げながら、

画面共有ですので、最低でも16GBは必要となりそうです。

 

ちなみに実際にVisual studioとTeamsを起動させましたが

Visual studio 4GB程、Teams 6GB程使用していましたので、10GB使用しておりました。

4GBの今のパソコンでは超遅くなるのも仕方がないですね。

 

ストレージ

ストレージはファイルやソフトウェアを記憶しておく場所です。

メモリと違い、電源オフでもデータが消えない記憶領域となります。

簡単に言うと本棚ですね。

 

HDDとSSDはどちらもデータを保存するための装置です。

SSDの方が小さくて軽いだけでなく、データの書き込みを高速にできるという特徴があります。

HDD 大きくて重い。データの読み書きはSSDと比べて遅い。値段や安い。

SSD 小さくて軽い。データの読み書きが高速。値段は高め。

 

 

プログラミングをする上では、処理速度や読み込み・書き込み速度が重量になります。

そこで処理速度が高いSDDで、256GBあれば作業出来ると思いました。

 

まとめ

f:id:okoko0000:20210522095404j:plain

ここまでを振り返ると下記のようなスペックのPCがいいのではないのかと思います。

◆おススメのスペック◆

CPU:Core i5Core i7

メモリ:16GB以上 

ストレージ:SSD 256GB以上

 

 

逆に今までよくで下記スペックで作業していたなと思います。

◆私の現在のPCスペック◆

CPU:Celeronセレロン

メモリ:4GB以上 

ストレージ:HDD 256GB

プログラミングに疎いとこういう事態になってしまします。

 

またWindowsMacかという選択もありますが、

私はWindows一択だと思っております。

理由は派遣現場でMacを使用している現場を見たことがないからです。

(フロント系でしたら、もしかしたらMacを使用するかもしれませんが、、)

 

 

上記を含め、下記PCの購入を検討中です。

「ZenBook13 UX325E」

CPU:Core i7

メモリ:16GB

ストレージ:SSD 512GB以上

ディスプレイ:13.3インチ

価格:158.909-

こちらは必要スペックは十分満たしている上に、重さが1.1kg程で大変持ち運びやすくなっております。また薄いのに打鍵感がとても良いとのことです。 

メーカーがAUSUというのも、安心出来ますね。

 

 

「W6PHP7BZAB」

CPU:Core i7

メモリ:16GB

ストレージ:SSD1T + HDD1T

ディスプレイ:15.6インチ

価格:141.680-

上記はとても評価が高いようです。

画面が大きく作業しやすく、高負荷な処理でもサクサク動きメモリ不足の心配がないです。重さは1.9kgほど。

デメリットとしてCPU性能が高いため電池持ちが悪い可能性があることぐらいです。

普段自宅で作業する場合は気ならないと思います。

 

 

少し前までこのレベルのパソコンは20万近くしていました。

パソコンは今の社会情勢ではなくてはならないモノですので、

ご購入を検討されてみては如何でしょうか。

 

私は近日中にどちらかを購入予定です。

 

 

 

//上に戻るボタン