転職ロードマップ【長時間労働・今の職場に悩みがある方】

f:id:okoko0000:20211231161140p:plain


本日は転職にあたっての考え方・転職の方法について書いていきます。

皆さんの働く上で大切にしたいものは何でしょうか。

または絶対に仕事にしたくないことはなんでしょうか。

この記事を読んであなたがより良い選択を出来る手助けが出来ればいいなと思います。

こんな人に読んで欲しい

今の会社に不満がある

今の働き方に悩みがある

長時間労働以外の職に転職したい

転職した方が良いのか考える

1人で考える

まずは1人でよく考えてみましょう。

下記のようなことを実行してみるのもいいかもしれません。

・会社の嫌なところを紙に書き出してみる

・その紙を見て自分が何が嫌なのか考えてみる

・その嫌なことから逆算してやりたくない仕事を考えてみる

嫌なことを仕事にすれば毎日が嫌なことだらけになるのは誰が考えても分かることです。

ですので

現状を把握

把握した上で何が不満なのかを考える

やりたくない仕事を削ぎ落とす

 

 

上記は辛い社会人生活を送らないようにする為には必須です!

ここまで考える事が出来れば次のステップに進みます。

 

両親や親しい友人に相談してみる

次に他者に意見を聞いてみます。両親や友人は親身に聞いてくれると思います。しかし今の会社に在籍するメリットも転職する際に起こるデメリットも言ってくれるかと思われます。

独りよがりな思考にならない為に、意見を聞き入れましょう。

 

注意 両親などの上の世代の方は年功序列で働いてきた世代です。昨今は年功序列が崩れてきて、長く働けば相応の報酬がある企業も少なくなってきております。

一言で言えば時代が違うのです。

貴重な意見の一つとして鵜呑みにはせず自分でも考えてみましょう。

 

その上で再度1人で考えてみる

他者の意見を聞いて再度考えてみてください。

その際下記のようなことを考えれば良いかも知れません。

・何がやりたいか分からない場合、絶対にやりたくない事を考え、転職候補から外す。

・10年後の将来像を考えてみる。

・本当に転職すべきか再度検討する。

 

10年後自分がどのような人になっていただいかを考えましょう。

10年後には今の会社で残っている場合、いいポジションに付けているかもしれません。逆に上司と部下の板挟みでさらに辛い立場になっているかもしれません。

その時は今の自分の10個上の先輩の働き方を参考にしましょう。

例えばその方が精神的にはキツそうだが、長時間労働ではないというポジションは自分は納得出来るかを考えていきましょう。

転職した際も10年あればベテランになっているでしょう。

今の職場で10年後もその先も未来が見えない場合は転職も検討すべきだと思います。

 

最後に本当に転職すべきかを再度検討します。そこはあなた本人しか分からないことです。

長時間労働の辛さも業界・会社の将来性、自分のポテンシャルもあなたにしか分からないのです。

今の会社に在籍し続けるにしても転職するにしてもどちらにしても決断が必要です。

転職したいまま在籍し続けても後々後悔が残るでしょう。

 

よく「やった後悔よりやらなかった後悔」の方が後悔すると言われます。

正直綺麗事だと思います。

後から成功した人が言っていると思いますが、その裏でやって後悔する人も大勢います。

会社に残るのでしたら「やらなかった後悔」をしないぐらいキッパリと決断するのが良い方思います。

転職は最後に使うジョーカーのカードです。

会社に残るというカードは持ち続けていきましょう。

 

自分に合う職種を探す

自己分析

自己分析は1番重要です。学生時代とは違い、働いたことのある方でしたら自分の特徴が分かっているかと思います。

得意な分野、不得意な分野やどのような働き方が良いのか、自己分析ではそれらは知ることを1番に考えた後、下記の診断に臨みましょう。

 

転職診断

tekisyoku-navi.com

診断を受けて客観的に自分に合う職を見つけましょう。

上記サイトはそこそこ自分にマッチした職を見つけることが出来ます。

自分のなりたい職業に近い選択肢を選択するのでは無く、直感的に選択していきましょう。

5分程度で結果が出ます。

マッチする職種に4〜5個の職業が表示されますので、あなたがやってみたい・興味がある仕事を候補として考えても良いでしょう。

私もいくつか出てきた職種から今の職種を選び、転職しました。

やはり自分の性格に近い職種が選ばれるので、大いに参考になります。

 

転職サイトに登録してみる

自分に合った職種などがぼんやり分かれば転職サイトに登録してみましょう!

転職サイトには様々な業種の求人が載っており、自分の希望する業界の働き方や給与かをコッソリ見ることが出来ます。

転職サイトを見ていて良さそうだと思った会社があれば応募して選考を受けても良いですが、個人的には転職エージェントからの客観的な意見を聞いてからの方が良いかと思います。

まずは求人数の多い下記サイトに登録して、どのような求人があるかだけ見ておくと良いかと思います!!

サイトごとに求人が違いますので、いくつか登録しておいてもいいかもしれないです。

 

注意 転職サイトに登録していると企業からスカウトが来る場合があります。

企業からのスカウトはブラックである確率が高いです。なぜなら数ある求職者からあなたにだけスカウトを送っている訳ではなく多数の人に送っております。

つまり不特定多数にスカウトを送って誰かが応募してくれれば良いとあちらは考えています。

(退職者が多い環境の企業があります。)

 

この記事を見ている方にはそのような考えの会社には入って欲しくないので、スカウトが来た際には注意してその企業を調べてみましょう!

少しでもヤバそうと感じれば、応募は控えた方が良いでしょう。

 

転職エージェントに登録してみる

20代・30代の方は転職自体初めてで分からないことだらけだと思います。

そんな方は転職エージェントに登録してみるのをおすすめします!

転職エージェントは完全無料です!さらにあなたの要望から求人の紹介から履歴書・職務経歴書の添削までトータルでサポートしてくれます!

また長時間労働で働いている中で転職活動をしようとされているので、考えが完全にまとまっていない方には超おすすめです!(私自身がそうでした)

客観的な第3者目線のプロがあなたの転職理由をお聞きし、マッチした業界や求人をおすすめしてくれます!

 

しかしエージェントの方に相談する時間も限られていると思いますので、(私もそうでした、、、)

ご紹介するのは平日の22時までや土日にオンライン面談をすることが可能です。

他のエージェントは土日の対応が不可となっておりますので、下記特におススメです。

DYM転職

転職支援サービス

 

退職の準備・退職をする

上司に退職の意を伝える

転職先が決まれば後は今の会社にその意思を伝えるだけです。

ただ伝えるだけですが、とても勇気がいりますよね。

まずは直属の上司に伝えるのが良いでしょう。直属の上司が取り合ってくれない場合はその上の上司に伝えましょう。

面談でこちらの意見を主張する

その後必ず面談をすることになります。

ここでは「何故退職するという選択を取ることになった」かという考え方を伝えましょう。

これまで転職に踏み切った経緯や転職先で叶えたい要望を正直に言ってしまいましょう。

 

今の会社が引き止めてくれる場合があります。

労働環境を変える・給与を上げてくれるなど良い条件を提示してくれます。

そこで再度検討しても良いですが、よほどのことが無い限り転職をした方が良いかと思います。

なぜならそのような状況というのも上司が分かった上で、今まであなたを働かせていたからです。

本来でしたらそこで労働環境を変えるよう努力してくれたり、給与が上がったりしています。

辞める間際になって条件を上げるなんて私は信用できないです。

(若かった私は実際に言われて今更何を、、、と思いました。)

内定を出してくれた企業で働く方が精神衛生上いいと思います。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

転職は人生を変える大きな決断です。

転職する事で自分の想像している未来に近づけるのは確かです。

しかし今の会社に残り続けるのも選択肢の1つだということも忘れないで頂きたいです。

 

そして今の会社でも転職先でも小さな不満はあります。

大切なのは自分が選択して後悔がない方を選びましょう!

独りよがりにならない為にも転職エージェントや私も力になれればと思います!

 

追記

転職を考えられている方は在職しながらの転職活動をおススメします。

長時間労働で時間が無いのも分かりますが、辞めてからですと金銭的に余裕が無くなり、また自分の望まない企業に行くことになるかもしれません。