【経験談】プログラマー転職 失敗事例

f:id:okoko0000:20220104195627p:plain

未経験からプログラマー転職!という広告を最近良く見ますよね。
私はその謳い文句を見て転職した内の1人です笑
今回は完全未経験プログラマー転職をした結果、失敗した転末と対策について書いていきます。

こんな方に見ていただきたい

プログラマー転職を考えているが不安に思っている方

プログラマー転職をして、後悔している方

IT業界の実体

まずはIT業界について解説していきますです。
IT業界はピラミッド型の発注形態を取っております。

発注者

1次受け

2次受け

以下略

となっております。
このピラミッド型は珍しく無く、私が元いた建築業界でもこの形態を取っておりました。
IT業界の問題は何もしない企業が間に入り、末端の開発者に充分な給与が払われません。
これが多重下請けですね。

多重下請けで労働環境がブラックにかと思われるかと思いますが、実態はほぼ定時に上がれるところが多いです。

今の時代、1次受けの会社は大手企業が多い為、残業時間は無いところが多いですね。

エンジニア転職失敗の実体験

未経験からプログラマーになって失敗した実体験を書いていきます。

前提として私の転職した企業が良くない環境でしたので、参考として見てください。

 

優良企業ですと、事前にプログラミングの研修や今後のスキルアップヒアリングなどがありますが、私の転職先は一切ありませんでした。

未経験はまずロースキル案件というスキルも何もつかない作業をやらされることになります。

ロースキル案件とは「PCのキッティング」や「家電量販店への出向」のことです。

SES企業は上記のようなロースキル案件でも利益を取ることが出来ます。

あまり良くないSES企業は未経験者を多く集め、教育などせずロースキル案件にアサインして、売り上げを上げます。

 

人数を揃えて売り上げを上げる企業が多く存在するので、未経験者は「スキルも上がらず、低い給与で働くことになり、年数だけ経過する」ことになる可能性があります。

 

私も上記状況に陥り、自分ではどうすることも出来ずエンジニア転職の失敗となりました。

(もちろんそこから自分で勉強して這い上がっていくのも可能ですが、私は実務経験を積む方が重要だと考えたので、その後再度転職を目指しました。)

何故失敗してしまった?

一言でいうと「事前リサーチ」不足です。

転職する際に、時間が無く業界や企業研究が出来ておりませんでした。

そのため失敗(SES企業に利用されて)してしまいました。

そのようなSES企業も悪いですが、何の情報収集も出来ていなかった私も悪いです。

その失敗で私は10か月という時間を失ってしまいました。

エンジニアとして働きたいのに、スキルも付かない貴重な10か月という時間を失ってしまうのはとても痛いですよね。

 

このようなことにならない為、下記のような対策を行いましょう。

対策は?

下記のような情報収集を徹底的に行えば失敗する確率を格段に下げることが出来ます。

・転職サイトや転職エージェントに登録して、求人を読み込む
・求人を比較して「未経験大歓迎」や「ユニークな独自の評価制度」などの少し危険なキーワードが無いか確認する
・気になる会社の「会社情報の口コミ」を見れるサイトを読み込む

 

重要なのは会社の情報や評判を比較しすることです。

「転職会議」や「Open Work」のような口コミサイトは絶対に確認して応募をするようにしましょう。

基本的に口コミサイトは転職者が他社の口コミを見るために、投稿します。

ですので実際の労働環境や内情を知ることが出来るため、参考にしても問題ございません。(2サイトぐらいを併用で見る方が良いかと思います。)

また転職エージェントに相談してそのような可能性のある企業を除外してもらって提案してもらうのも一つの手です。

やっぱりエンジニア転職は辞めていた方が良いのか?

年齢的に厳しいと自分で思う方や自分で勉強を続けていけない人は辞めておいた方がいいと思います。

しかしあなたがやりきる覚悟があれば、挑戦してみるべきだと思います。

情報収集を怠らず良い企業に入ることが出来れば、プログラマーほど将来性がある職業は無いと思います。

stone1003.com

 

結局どうなったの?

1社目でブラックSES企業に転職してしまった私は結局2社目に転職しました。

しかし1社目の在籍期間で上記十分な情報収集とある程度の勉強を行い、優良企業に転職することが出来ました。

2社目ではしっかりOJTで、仕事しながら勉強しています。

実務経験を積みながら、勉強が出来るのがエンジニアの強みですね。

また一度良い企業に入り実務経験を積んでしまえば、どこでも働ける人材になります。

 

stone1003.com

 

結論

入る企業次第

自社開発企業・受託開発企業でもSES企業でもブラックな企業もありますし、ホワイトな企業もあります。

私も1社目・2社目ともにSES企業ですが、全く違いました。

研修制度はあるか、どのような評価制度か、同じような境遇の先輩は活躍しているかを口コミサイトを確認するのが良いでしょう。

また実際に面接での雰囲気で判断しても良いでしょう。

 

事前リサーチが大切

変なところに入らないために事前リサーチが超大事です。

下記のような事前リサーチをすることでブラック企業に入る確率を大幅に下げることが出来ます。

・転職サイトや転職エージェントに登録して、求人を読み込む
・求人を比較して「未経験大歓迎」や「ユニークな独自の評価制度」などの少し危険なキーワードが無いか確認する
・気になる会社の「会社情報の口コミ」を見れるサイトを読み込む

 

IT業界に転職される際は、上記事前リサーチはやってみてください!