ないものブログ

ないものばかりを追い求める。そんな社会人のブログです。

【睡眠時間】社畜必須アイテム 5選【確保】

 

f:id:okoko0000:20210519201222p:plain

f:id:okoko0000:20210515183702j:plain

こんにちは

社畜のストンです。

 

私の年間残業時間は1200時間~1300時間程です。

上には上がいますのでなんとも言えませんが、

私レベルの社畜レベルでも体を壊す寸前まで行きました。

これ以上働いている人はもはや人間の生活が出来ていないと思います。

素直に凄いです。。

 

前提条件としまして社畜には平日・土日共に時間がありません。

時間は有限で1日24時間しかない為、何とか時間しなければなりません。

そのような方の為にも今回は社畜必需アイテム 5種をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

アイマス

社畜にとって睡眠時間を確保するのがなによりも一番大切です。

この第一前提はこのページを見ていただいているファイターの方でしたら、

とても共感頂けると思います。

 

このアイマスクを使用すれば、どんな短い隙間時間であっても睡眠をとることが出来ます。

長時間労働に耐える為、仮眠に次ぐ仮眠がとても大事です。

ある時は現場の打ち合わせの際、お客様を待つ為に営業車で仮眠

ある時は誰もいない応接室で仮眠

ある時はお昼時間にご飯を食べずに仮眠

使用用途は無限にあります。

 

出来れば、目を圧迫せず隙間から光が入ってこないものが理想です。

私が使用しているものは下記のモノで、

装着した瞬間に眠ることが出来るほど快眠が出来ます。

 

 

これをきっかけに自宅ベッドで睡眠する時もアイマスクなしでは寝れなくなりました。

単に癖がついただけかもしれませんが、、、

下記が自宅用のアイマスクです。

フワフワで温度調節も出来、遮光性も抜群ですのでとてもおススメです。

アマゾンで4000円ほどで売っております。

 

Apple Wacth

先ほどと重複しますが、今回も睡眠を快適に出来るアイテムです。

このApple Wacthのアラーム機能がとても便利です。

iPhoneではマナーモードにしてもアラームは音+振動になってしまいます。

しかし公の場でアラーム音を鳴り響かすのはビジネスマンとしては3流です。

1流のビジネスマンは人知れず眠り、人知れず起きます。

それを可能とするのがこのApple Wacthです。

Apple Wacthはマナーモードにすれば自分にしかわからない振動(バイブ)のみになり、仮眠してもすぐ起きることが出来ます。

 

電車の中で目的地まであと10分だけど眠たい。

しかし携帯のアラームを使えば、音が鳴って恥ずかしい。。

といったことも起きず、スマートに目を覚ますことが出来ます。

 

ちなみに超疲労している場合は振動のみでは目を覚ますことが出来ない為、

その場合は労働を中断し、ベッドで良質な睡眠を取ってください。

 

 

Apple Wacthはアラームの他に便利な機能が多数あります。

私はフィットネス機能と天気機能、睡眠をジャッジしてくれる機能を

毎日使っています。

ノンアイロンシャツ

 一流のビジネスマン(社畜)には時間がありません。

家に帰ったらご飯も食べず、眠るしかできません。

しかしビジネスマンが毎日着るシャツはシワなしでパキッとしていないと3流です。

それを解決するアイテムがノンアイロンシャツです。

これは洗濯をして乾かすだけで、シワのないシャツが毎日着ることが出来る最強アイテムです。

ちなみに私は平日に洗濯する時間がなかった為、平日分の5枚から6枚のシャツを常備しておりました。

AOKIや青山で3着1万円程で購入出来る為、アイロンの時間を短縮したい方は是非ご検討ください。

 

革靴

上記ノンアイロンシャツと同じ理由ですが、社畜ファイターには平日に活動出来る時間が100%ありません。

まずは革靴。

これはビジネスマンの命と言っても過言ではございません。

お客様との大事な商談の日にボロボロの革靴では、取れる商談も取れません。

ですので、私は革靴を5足持っており曜日ごとにローテーションして使っております。

また長時間労働でも疲れないように軽く歩きやすいモノを使用しております。

 

 

 

お値段もお財布に優しく、足にも優しい為、

是非5足揃えてみては如何でしょうか。

また休日には靴磨きセットなどで、全て磨いております。

 

 

 

黒靴下

サラリーマンは総じて朝の時間がありません。

5分早く起きるなら、5分多く寝ていたいというのが人間の性でしょう。

そんな朝の時間がない中、靴下の柄と色を揃えて、、などやっていれないでしょう。

それに気づき私はアマゾンの12足入りの商品に辿り着きました。

 

 

かのスティーブ・ジョブズも毎日同じ服装をしていたと言われております。

一流のビジネスマン(社畜)も仕事に対する思考をする時間を増やす為、

黒靴下オンリーにし朝の時間を増やすのは如何でしょうか。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか。

とにかく私たちには時間がございません。

上記アイテムを駆使し、この厳しい日本社会を生き抜いていきましょう。

 

この記事を書いた人

f:id:okoko0000:20210515214825p:plain

ストン

社畜営業→プログラマ

ストン
平成5年生まれ

大阪出身・愛知在住

2021年に転職でIT業界に飛び込む
日々プログラミングとブログを模索中

せっかく転職出来たので、
自分のスキルを上げようといている

カテゴリー:転職・社畜・プログラミング・日常

//上に戻るボタン